exists関数

広告

「exists」関数は指定したキーがハッシュに存在するかどうか確認します。

指定されたキーがハッシュに存在するかどうか確認します。

パラメータ:
  EXPR  ハッシュの要素
戻り値:
  存在する場合は真(true)、そうでなければ偽(false)

1番目の引数には対象となるハッシュの要素を指定します。ハッシュの要素は「$ハッシュ名{キー}」で表されます。指定したキーが存在した場合、真(true)が戻り値として返されます。

注意すべき点はキーが存在するかどうかだけを見ている点です。キーに対応する値が未定義値であってもキーが存在すれば真(true)を返します。

具体的には次のように記述します。

my %address = (
"鈴木" => "東京都千代田区",
"山田" => "東京都葛飾区"
);

if (exists($address{'鈴木'})){
  print "登録されています¥n";
}

サンプルプログラム

では簡単なプログラムで確認して見ます。

test5-1.pl

use strict;
use warnings;
use utf8;
binmode STDIN, ':encoding(cp932)';
binmode STDOUT, ':encoding(cp932)';
binmode STDERR, ':encoding(cp932)';

my %address = (
"鈴木" => "東京都千代田区",
"山田" => "東京都葛飾区",
"本田" => "愛知県名古屋市",
"遠藤" => "大阪府堺市"
);

my $name = "鈴木";
if (exists($address{$name})){
  print "${name}さんは登録されています¥n";
}

上記を「test5-1.pl」の名前で保存します(文字コードはUTF-8です)。そしてコマンドプロンプトを起動し、プログラムを保存したディレクトリに移動してから次のように実行して下さい。

exists関数

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)