インクリメント及びデクリメント演算子

広告

算術演算の中でも変数に格納されている値を1だけ増加させる、又は1だけ減少させるという演算は特に利用されることが多くなっています。「+」や「-」を使うことで次のように記述することが出来ます。

my $var;

$var = 10;
$var = $var + 1;

もちろん上記のように記述しても問題無いのですが、1だけ増加又は1だけ減少させるための特別な演算子が用意されています。1だけ増加させる演算子をインクリメント演算子と言い「++」を使います。また1だけ減少させる演算子をデクリメント演算子と言い「--」を使います。

インクリメント演算子及びデクリメント演算子は次のように記述します。

変数++;
変数--;

値や変数の後に「++」又は「--」を記述することで、演算子の前に書かれた値や変数に格納されている値を1だけ増加させたり1だけ減少させたりすることが出来ます。例えば先ほどの例をインクリメント演算子を使うことで次のように記述することが出来ます。

my $var;

$var = 10;
$var++;

この場合は変数「$var」に数値の「10」を格納した後で、変数「$var」に格納されている値を1だけ増加させます。この結果変数「$var」には数値の「11」が格納されます。

サンプルプログラム

では簡単なプログラムで確認して見ます。

test3-1.pl

use strict;
use warnings;
use utf8;
binmode STDIN, ':encoding(cp932)';
binmode STDOUT, ':encoding(cp932)';
binmode STDERR, ':encoding(cp932)';

my $var;

$var = 3;
print "$var¥n";

$var++;
print "$var¥n";

$var--;
print "$var¥n";

上記を「test3-1.pl」の名前で保存します(文字コードはUTF-8です)。そしてコマンドプロンプトを起動し、プログラムを保存したディレクトリに移動してから次のように実行して下さい。

インクリメント及びデクリメント演算子

インクリメント演算子とデクリメント演算子には前置きと後置きの2種類が存在します。こちらの違いは次のページで解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)